AWS SESでバウンスメールのテストを行う

SESではバウンス対策をきちんと実施しないとサービス停止になってしまう。

バウンス対策を行ったあとにバウンスメールのテストを行いたい場合、存在しないメールアドレスに送信してテストをしてしまうとバウンスレートが上がってしまうので注意が必要。

SESにはテスト用のメールアドレスがいくつか用意されており、これらを使う場合はバウンスレートに換算されないのでテストの際は↓にあるメールアドレスを使用する。

Amazon SES での E メール送信のテスト