docker-compose.yamlでCPUとメモリ制限をかける

docker-composeでコンテナを立てる際に、デフォルトだとホストのリソースをフルで使ってしまう。

コンテナごとにCPU数とメモリ量を制限したかったので対応方法を調べた。

公式ドキュメントにあるようにVersion3の場合、deployキーを設定することで制限をかけることができる。

Compose file version 3 reference | Docker Documentation

mysqlコンテナで1CPU, 1GBメモリに制限する場合は↓のようになる。

version: "3"
services:
  mysql:
    image: mysql:8
    ports:
      - "3306:3306"
    deploy:
      resources:
        limits:
          cpus: '1'
          memory: 1g

ただ、deployキーはswarmモードの場合のみ有効になるとのことで、compose up時にcompatibilityオプションを付与する必要があった。

このオプションを指定することでVersion2互換モードとなりVersion2のcpu_sharesとmem_limitに変換してくれるとのこと。

docker-compose --compatibility up

正しく制限がかけれているかはstatsで確認できる。

docker stats

参考