Github Actionで自動コミット設定をする

公開日時

Git Auto Commitを使うとGithub Action実行時に自動コミットができる。

これを使うとCI実行時にAPI仕様書を自動更新する、といったことができるので、仕様書の更新漏れを防ぐことができる。

なお、pushを有効にするには[[action/checkout@v2]]を利用する必要があるとのこと。

↓のようにすればCI実行のたびにdoc以下を削除して仕様書を自動コミットしてくれるようになる。

([[yarn run generate-api-docs]]部分はダミー)

name: build

on: [push]

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
      - uses: actions/checkout@v2

      - name: Use Node.js
        uses: actions/setup-node@v1
        with:
          node-version: '12.x'

      - name: Install dependencies
        run: yarn
        
      # build
      # test
      
      - name: Cleanup
        working-directory: ./doc
        run: |
          rm -rf *
      - name: Generate API doc
        run: |
          yarn run generate-api-docs
      - name: Update API docs
        uses: stefanzweifel/git-auto-commit-action@v4.2.0
        with:
          commit_message: Update API docs

参考


Related #github

Github ActionでfirebaseプロジェクトをS3にデプロイする

deploymentブランチにpushしたら自動でs3にデプロイできるようになった

Github ActionでCloudfrontのキャッシュをクリアする

デプロイ後にキャッシュクリアを行うように設定

Github Actionで特定のブランチの場合のみ実行する処理を書く

if: contains(github.ref, 'master')でmasterのみ自動コミットをするようにした

githubのssh cloneで複数アカウントを使い分ける

.ssh/configを複数登録する

GithubのコメントをSlack通知する

github subscribe owner/repository comments