Next.jsプロジェクトのGoogle Analytics V3をV4に更新する

公開日時

既存のNext.jsプロジェクトのGoogle Analytics V3をV4に更新した。

↓を参考にAnalyticsの設定画面でGA4用のプロパティを作成する。

V3では UA-XXXX というトラッキングIDだったが、V4では G-XXXX というトラッキングIDになっていた。

アプリケーション側の実装を変更する必要はなく、トラッキングIDの差し替えのみで対応が完了した。

Next.jsプロジェクトにAnalyticsを導入する手順については、以前の記事にまとめている

トラッキングID変更後、Analytics管理画面でV4のリアルタイム状況が確認できるようになった。

なお、V3のデータは引き継がれないので切り替えの際は注意が必要。


Related #next.js

Next.js 11

手軽にアップグレードできた

FigmaでSVG Octocatを作る その3

アウトライン化大事

Vercelで指定のブランチのみデプロイを実行する

Ignored Build Stepを設定した

_this.auth.addAuthTokenListener is not a function

8.6.5にダウングレードした