jsでsnake caseをupper camel casaeに変換する

公開日時

jsでsnake caseをupper camel casaeに変換したいとなった際に、独自関数を定義するのも手間だったのでLodashを使うことにした。

yarn add lodash @types/lodash

でlodashをインストールして、camelCaseとupperFirstを使って変換。

import { camelCase, upperFirst } from "lodash";

const snakeCaseName = "upper_camel_case_name";
const upperCamelCaseName = upperFirst(camelCase(snakeCaseName));
console.log(upperCamelCaseName); // => UpperCamelCaseName

lodashはかゆいところに手が届く関数が多く定義されているので便利。

参考


Related #js

Next.jsのPreview Mode時はAnalyticsを無効化する

cookieの__next_preview_dataキーで判定

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

jsでクリップボードにコピーするボタンを実装する

Clipboard.writeText()を使う

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

AWS SESの受信メールを暗号化してs3に保存しLambdaで読み込む

jsの場合、複合処理を独自実装する必要がある

RaspberryPi ZeroにNode.jsの最新版をインストールする

vercel/install-nodeを使うと手軽にインストールできた