FormikとReact Datepickerを使って日付選択フォームを作る

公開日時
更新日時

Formikで作っているフォームに、カレンダーから日付選択できるinputフォームを追加したかったのでReact Datepickerと組み合わせることにした。

今回は時間選択もできるようにしたかったので、DateTimePickerというコンポーネントを作成。

ユーザが日付を入力した場合はpropsで渡されたonChangeを実行するようにしておく。

// components/DateTimePicker.tsx
import 'react-datepicker/dist/react-datepicker.css'

import React, { useState } from 'react'
import DatePicker from 'react-datepicker'

type Props = {
  name: string
  className?: string
  onChange?: (date: Date) => void
}

export const DateTimePicker = ({ name, className, onChange }: Props) => {
  const [date, setDate] = useState(new Date())

  const handleChange = (date: Date) => {
    setDate(date)
    onChange && onChange(date)
  }

  return (
    <DatePicker
      name={name}
      className={className}
      dateFormat="yyyy-MM-dd HH:mm"
      showTimeSelect
      selected={date}
      onChange={handleChange}
    />
  )
}

これで呼び出し元でonChangeが呼ばれた際に、setFieldValueでFormikのstateを更新すればカレンダーでの日付選択が実現できる。

// pages/form.tsx
import { Form, Formik, FormikHelpers } from 'formik'
import { DateTimePicker } from '@/components/DateTimePicker'

const FormPage = () => {
  return (
    <Formik
      initialValues={initialValues}
      validationSchema={validationSchema}
      onSubmit={onSubmit}
    >
      {({ setFieldValue }: {
        setFieldValue: FormikHelpers<typeof initialValues>['setFieldValue']
      }) => (
        <Form>
          <label htmlFor="datetime">DateTime</label>
          <DateTimePicker
            name="datetime"
            onChange={(date: Date) => {
              setFieldValue('targetDateTime', date)
            }}
          />
        </Form>
      )}
    </Formik>
  )
}

export default FormPage

Related #js

Next.jsのPreview Mode時はAnalyticsを無効化する

cookieの__next_preview_dataキーで判定

next.jsにtailwindcssを導入する

VSCodeのTailwind CSS IntelliSense拡張が便利

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

jsでクリップボードにコピーするボタンを実装する

Clipboard.writeText()を使う

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

AWS SESの受信メールを暗号化してs3に保存しLambdaで読み込む

jsの場合、複合処理を独自実装する必要がある