CloudWatchのカスタムメトリクスを減らす

公開日時
更新日時

個人AWSアカウントの請求書を確認していたところ、CloudWatchの料金が$2.5近くかかっていたのでコストを見直すことにした。

請求書のCloudWatchの項目には↓が記録されていた。

Amazon CloudWatch $2.41
$0.00 per metric-month - first 10 metrics 10.000 Metrics $0.00
$0.30 per metric-month for the first 10,000 metrics - Asia Pacific (Tokyo) 8.040 Metrics $2.41

カスタムメトリクスを「無料: 10メトリクス」 + 「有料: 8メトリクス」使っているとのこと。

何に使っていたっけと思い返してみると自宅のRaspberry Piに取り付けたセンサーの値を色々記録していた。

CloudWatchダッシュボードで定期的にチェックできるようにしたくて、とりあえず取れる値は全部AWS IoT経由でCloudWatchに記録するようにしていたが、節約のために一部のセンサー値は送信しないように変更。

18個あったカスタムメトリクスへの記録を9個まで減らして無料枠に収まるようにした。

カスタムメトリクス自体は手動で削除できないが、値の記録を止めれば課金も止まるはず。

不要なカスタムメトリクスがないかは定期的にチェックするようにしよう。

追記:

その後、2月分の請求書を確認したところ

$0.00 per metric-month - first 10 metrics8.954 Metrics$0.00

となっており、無料枠に収まったためCloudWatchのコストが0円になった。

aws cost
CloudWatchコストが0円に

参考


Related #aws

AWS SESの受信メールを暗号化してs3に保存しLambdaで読み込む

jsの場合、複合処理を独自実装する必要がある

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

AWS SAMで作ったLambdaアプリをCircleCIでデプロイする

circleci/aws-serverlessのOrbを使った

Nodejs12のLambdaでawscliを使う

aws-lambda-layer-awscliを使う

BME280センサ情報をAWS IoTで管理してChatbotでSlackに通知する

AWS IoTでデータを管理して不快指数がしきい値を超えたらSlackにアラート通知をするようにした

CloudFront経由でS3の静的コンテンツ配信をしたら307リダイレクトになってしまった

即時反映したい場合はus-east-1にバケットを作る