Cloud FunctionsのNode.jsバージョンを更新する

公開日時

以前作ったCloud Functions Node.jsの関数でエラーが発生したのでローカルで修正を行った。

修正ついでにNode.jsのバージョンを10 => 12に上げた。

Cloud FunctionsでのNode.js14は現在プレビュー版なので今回はNode.js12に更新した。

  • package.jsonengines を更新
{
  "engines": {
    "node": "12"
  },
  // ...
}
  • cloudbuild.yamlname と functions deploy時の runtime を更新
steps:
  - name: node:12
    entrypoint: npm
    args:
      - install

  - name: node:12
    entrypoint: npm
    args:
      - run
      - build

  - name: "gcr.io/cloud-builders/gcloud"
    args:
      - functions
      - deploy
      - ${_FUNCTION_NAME}
      - --entry-point=index
      - --runtime=nodejs12
      - --region=asia-northeast1
      - --update-env-vars
      - NODE_ENV=production

今回はシンプルな関数だったので、上記のファイル変更のみでNode.jsバージョンを更新できた。

より詳しい更新方法については公式ドキュメントにまとまっている。


Related #gcp

Cloud Runのコールドスタートを避けるためにcurlで起こし続ける

定期リクエストを送っている間はコールドスタートは発生していないことが確認できた

GCP VMインスタンスのSSHポートを変更した

Network Internet Egress from Americas to EMEA

[Action Required] Free Container Scanning ends

お試しで使っていたコンテナイメージの脆弱性スキャンを無効にした

GCPの無料インスタンスがF1-microからE2-Microに変わった

メールが来ていたのを見落としていた

[Action Required] Internal error has affected services in Cloud Run that use Cloud Load Balancing

デフォルトURLで利用している場合は対応不要

ローカルディレクトリをCloud Storageに同期する

gsutil rsyncを利用した