#gcp

Cloud Runを試す

helloworldコンテナを試した

ngrokの代わりにinletsを使う

固定ドメインが設定できるのでbot開発に便利

inletsで複数ドメインが使えるようにする

CaddyのCloudflare Pluginを使ってワイルドカード証明書を設定した

Cloud Datastoreのローカル環境をDockerで構築する

CloudDatastoreエミュレータとgoogle-cloud-guiの環境を構築

gcloud configでアカウントを切り替える

gcloud config configurations activateで切り替える

Cloud RunアプリをCloud Buildでデプロイできるようにする

特定のブランチにpushしたらデプロイできるようになった

Cloud Buildの結果をSlackに通知する

公式ドキュメントの手順に沿って設定

CloudRunで動くexpressサーバにtimeoutを設定する

server.setTimeout OR req.setTimeoutを使う

GCP LoggingのアラートをSlackに通知する

ユーザ指標を作成してアラート設定を行う

Cloud Schedulerの料金はジョブごとに月額$0.10かかる

無料枠はアカウント単位で3つのジョブまで

GCPの課金上限緩和申請をした

50ドル分の料金を事前支払いする必要があった

Functions Frameworkを使ってPub/SubトリガーのCloud Functionsをローカルで動かす

dataパラメータはbase64でエンコードする必要がある

CloudRunのレスポンスが429 Rate exceeded.になる

インスタンスの最大数を500に上げたらエラーは消えた

IPv6 IPoE環境で自宅のRaspberryPiにsshできるようにする

GCPにssh port forwardingすることで実現できた

CloudRunでnode.jsを動かす

リポジトリにpushしたらCloudRun上に自動デプロイ

Firebase HostingのデプロイをWebhook(API)経由で行う

デプロイボタンが作れるようになった

Cloud BuildでFirebase Hostingのデプロイを行う

リポジトリへのpush以外をトリガーにしたい場合に使用

Cloud FunctionsのNode.jsバージョンを更新する

package.jsonとcloudbuild.yamlを更新