GCPの無料インスタンスがF1-microからE2-Microに変わった

公開日時
更新日時

GCPから予算アラートが届いたので、確認してみたところ「Micro Instance with burstable CPU running in Americas」の料金が発生していた。

無料で利用できるF1-microインスタンスを使っており、最近特に何か作業をしたわけでもなかったので焦ったが、9/1から無料で使えるインスタンスがF1-microからE2-Microに変わったのが原因だった。

インスタンスタイプをE2-Microに変更し、再び無料枠で利用できるようになった。

gcp free instance

完全に見落としていたが7/21に↓の件名でメールが届いていた。

[Action Required] To continue receiving your Free Tier discount, upgrade your F1-Micro VM to an E2-Micro VM by September 1, 2021

予算アラートのおかげで気づけたので、従量課金サービスを使う場合は予算設定は必ずやっておこう。


Related #gcp

Cloud Runのコールドスタートを避けるためにcurlで起こし続ける

定期リクエストを送っている間はコールドスタートは発生していないことが確認できた

GCP VMインスタンスのSSHポートを変更した

Network Internet Egress from Americas to EMEA

[Action Required] Free Container Scanning ends

お試しで使っていたコンテナイメージの脆弱性スキャンを無効にした

[Action Required] Internal error has affected services in Cloud Run that use Cloud Load Balancing

デフォルトURLで利用している場合は対応不要

ローカルディレクトリをCloud Storageに同期する

gsutil rsyncを利用した