Cloud Schedulerの料金はジョブごとに月額$0.10かかる

公開日時
更新日時

GCPの使用料金を眺めていたら今まで0円だったプロジェクトで急に1日5円ほどかかるようになっていた。

原因を調べてみたらCloud Schedulerの使用料だった。

そして、先日RaspberryPiで動かしていたcron設定をCloud Schedulerに移行したことを思い出す。

Cloud Schedulerの料金プランを意識していなかったので改めてドキュメントを眺めると

実際にジョブを行うことを「実行」と呼びます。ジョブは個々の実行単位で課金されることはありません。たとえば、1 つのジョブを「1 か月間毎日」行うように定義しても、そのジョブの 30 回の実行について月額 $3 が課金されるのではなく、全体として月額 $0.10 が課金されます。

とのことで納得。

また、無料枠はアカウント単位で3つのジョブまでというのも今さら知った。

ちゃんと料金プランは読んでおかないとなぁ。

ということで、Cloud SchedulerからRaspberry Piのcronに戻すことにした。


Related #gcp

CloudRunでnode.jsを動かす

リポジトリにpushしたらCloudRun上に自動デプロイ

IPv6 IPoE環境で自宅のRaspberryPiにsshできるようにする

GCPにssh port forwardingすることで実現できた

Cloud FunctionsのNode.jsバージョンを更新する

package.jsonとcloudbuild.yamlを更新

Cloud BuildでFirebase Hostingのデプロイを行う

リポジトリへのpush以外をトリガーにしたい場合に使用

Firebase HostingのデプロイをWebhook(API)経由で行う

デプロイボタンが作れるようになった