ローカルディレクトリをCloud Storageに同期する

公開日時
更新日時

ローカルのpublicディレクトリをCloud Storageに同期したかったので gsutil rsync を利用した。

gsutil -m rsync -d -r public gs://assets.example.com

また、キャッシュの有効期限をデフォルトの1時間から1週間( 60 * 60 * 24 * 7 )に変更する場合は↓でできる。

gsutil setmeta -r -h 'Cache-Control: public, max-age=604800' gs://assets.example.com

参考


Related #gcp

Cloud Runのコールドスタートを避けるためにcurlで起こし続ける

定期リクエストを送っている間はコールドスタートは発生していないことが確認できた

GCP VMインスタンスのSSHポートを変更した

Network Internet Egress from Americas to EMEA

[Action Required] Free Container Scanning ends

お試しで使っていたコンテナイメージの脆弱性スキャンを無効にした

GCPの無料インスタンスがF1-microからE2-Microに変わった

メールが来ていたのを見落としていた

[Action Required] Internal error has affected services in Cloud Run that use Cloud Load Balancing

デフォルトURLで利用している場合は対応不要