[Action Required] Free Container Scanning ends

公開日時
更新日時

GCPから↓の件名のメールが届いた。

[Action Required] Free Container Scanning ends May 19, 2021;
Normal billing begins July 1, 2021

コンテナイメージの脆弱性スキャン機能が有料になるので、設定を確認してねとのこと。

そもそも何のプロジェクトで使っていたかを覚えていなかったので、メールに案内のあった支払いレポートで該当プロジェクトを確認することに。

サービスのフィルタで“Container Registry Vulnerability Scanning”にチェックを入れる。

gcp price2

直近のレポートでは使っている形跡がなかったが、期間を2018年〜に切り替えてみたところ該当プロジェクトを発見。

gcp price

プロジェクトを切り替えて、"Container Registry"のページに移動すると、ここにも料金プラン変更のアナウンスが記載されていた。

gcp price3

設定画面に移動して、「脆弱性スキャンを無効にする」をクリックして対応完了。

参考


Related #gcp

CloudRunでnode.jsを動かす

リポジトリにpushしたらCloudRun上に自動デプロイ

IPv6 IPoE環境で自宅のRaspberryPiにsshできるようにする

GCPにssh port forwardingすることで実現できた

Cloud FunctionsのNode.jsバージョンを更新する

package.jsonとcloudbuild.yamlを更新

Cloud BuildでFirebase Hostingのデプロイを行う

リポジトリへのpush以外をトリガーにしたい場合に使用

Firebase HostingのデプロイをWebhook(API)経由で行う

デプロイボタンが作れるようになった