RaspberryPiのrootfsを読み込み専用にしたら再起動後に時刻がずれた

公開日時

先日、RaspberryPiのrootfsを読み込み専用にする対応を行ったが、RaspberryPi 2の環境において再起動すると時刻がずれてしまう問題が発生した。

そこで、ntpdateをインストールし起動時に時刻取得を行うように対応した。

SDカードをRWに戻す

sudo mount -o remount,rw /mnt/boot-ro
sudo sed -i /mnt/boot-ro/config.txt -e 's/^initramfs .*/#&/g'
sudo reboot

時刻取得設定

  • ntpdateインストール
sudo apt install ntpdate
  • 起動時に時刻取得できるようにntpdate.serviceを追加
# /etc/systemd/system/ntpdate.service
[Unit]
Description=Set time with ntpdate
After=network.target

[Service]
ExecStart=/usr/sbin/ntpdate -u ntp.jst.mfeed.ad.jp

Restart=on-failure
RestartSec=60s

[Install]
WantedBy=multi-user.target
  • 自動起動設定
sudo systemctl enable ntpdate.service

SDカードをROに戻す

sudo sed -i /boot/config.txt -e 's/^#\(initramfs .*\)/\1/g'
sudo systemctl reboot

これで再起動しても正しい時刻が設定されるようになった。

参考


Related #raspberry pi

ngrokの代わりにCloudflare Tunnelを使う

botやwebhookを利用するサービスの開発が捗る

docker-compose build時に「no Space Left on Device」が発生

1年前にも同じエラーにハマってた

AlexaにPS4を起動してもらう

「Alexa、PS4をつけて(消して)」

crontab -rで全消ししてしまった時の対応

ログから復元できるものは復元してe, rオプションを封印した

next exportで書き出した静的サイトのconsoleに _next/data/xxx/.json 404エラーが出力される

Next.jsバージョンをv10.0.4にアップデートした