#raspberry pi

ngrokの代わりにCloudflare Tunnelを使う

botやwebhookを利用するサービスの開発が捗る

docker-compose build時に「no Space Left on Device」が発生

1年前にも同じエラーにハマってた

AlexaにPS4を起動してもらう

「Alexa、PS4をつけて(消して)」

crontab -rで全消ししてしまった時の対応

ログから復元できるものは復元してe, rオプションを封印した

next exportで書き出した静的サイトのconsoleに _next/data/xxx/.json 404エラーが出力される

Next.jsバージョンをv10.0.4にアップデートした

MH-Z19でCO2濃度をリアルタイム計測してMackerelでアラート通知する

換気すべきタイミングにアラートが飛ぶようになった

Dockerのデータ保存場所を変更する

/etc/docker/daemon.jsonに追記

Alexaにゲーミングマシンと周辺環境を終了してもらう

「Alexa Steamを終了して」ができるようになった

Alexaにゲーミングマシンと周辺環境を起動してもらう

PC起動、TV起動、サウンドバー起動がまとめてできるようになった

Firebase Emulator SuiteをDocker on RaspberryPiで動かす

openjdkインストール前にmanディレクトリを作成しておかないとエラーになってしまう

RaspberryPi用の赤外線送受信リモコンを作る

夏休みの電子工作

1.3inch LCD HATにCloudWatchメトリクスのグラフを表示する

現在のセンサ情報を表示、直近一時間の変化をグラフ表示というのを交互に表示するようにした

焦電センサとHueを使って部屋の照明を自動ON/OFFする

焦電センサ導入により、自動ON時にAPIで「やる気を出す」モードの色を指定できるのでアプリを立ち上げる手間が省けた

1.3inch LCD HATにMackerelのグラフを表示する

CO2濃度をモニタリングできるようにした

PimoroniでKeybowとEnviro+を購入

注文してから6日ほどで届いた

PIMORONIがBlackFridayセール中

ついつい余計なものまで買ってしまいそう

Raspberry Piのヘッドレスインストール

SDカード書き込み後、/bootにsshとwpa_supplicant.confを設置しておく

RaspberryPi4のセットアップ

PIMORONI最高

Git 2.26.1にアップデートする

brewは手軽

Enviro+のセットアップ

CPU温度の影響を受けるため、温度と湿度の補正が必要だった

RaspberryPi上でPuppeteerを動かす

Dockerを使うとすんなり動かせる

M5StickCを使ってGoogleHomeからmp3を再生する

家に帰ってきたら通知音が出るようになった

Alexa非対応テレビをAlexa対応にする

基本的な操作は音声のみで完結できるようになって快適

Switchbotで受話器を上げて解錠ボタンを押す

Switchbotを2個組み合わせて解決した

systemctl enable実行時にNo such file or directoryになる

シンボリックリンクの場合は絶対パスで指定する必要があった

raspberry piでrc.localのログを確認する方法

sudo systemctl status rc-local.service

RaspberryPi ZeroのSDカードが壊れた

ついにこの日が来てしまった

Keybow KitのショートカットでPS4とDBDを起動する

意外と便利なショートカットができた

RaspberryPi Zeroにgit 2.26.1をインストールする

NO_GETTEXT=1をつけて多言語対応を無効化してインストールした

RaspberryPiのrootfsを読み込み専用にしたら再起動後に時刻がずれた

起動時にntpdateで時刻取得するようにした

luaスクリプトにsleepを入れたい

Keybowのショートカットでsleepを入れたくなったので

cronでsystemctl restartを実行する

CloudWachにデータを蓄積する仕組みが不安定になることがあるので再起動するようにした

Raspberry PiでmysqlのDockerコンテナを動かす

HypriotのDockerイメージを利用

RaspberryPi4にHDDを接続する

PS4のHDDが余っていたので再利用

Picameraを使って軽量ストリーミングサーバを作る

コンテナ上からカメラモジュールにアクセスできた

Raspberry Pi ZeroとBME280センサを使って部屋の温度・湿度を可視化する

蒸し暑くて寝苦しい夜が続いているが実際のところ寝ている間の部屋の温度と湿度はどうなっているのかを見える化してみた

AWS IoTへのデータ送信スクリプトをsystemdで自動起動するようにする

プロセスの自動再起動もできるので電源を入れ直したときも安心