RaspberryPi上でPuppeteerを動かす

RaspberryPi上でPuppeteerを動かす
公開日時
更新日時

前回の記事でRaspberryPi4にDocker環境を構築できたので、今回はpuppeteerを動かしてみる。

Dockerでpuppeteerを使うのも以前まとめたので、下記記事に沿って設定ファイルを記述する。

ただ、docker-compose up時に/app以下に書き込めなくてPermissionErrorが出た。

error Could not write file "/app/yarn-error.log": "EACCES: permission denied, open '/app/yarn-error.log'"
error An unexpected error occurred: "EACCES: permission denied, mkdir '/app/node_modules'".

そこで、アプリケーションディレクトリに書き込み権限を付与する。

mkdir puppeteer-app-dir
chmod 777 puppeteer-app-dir
cd puppeteer-app-dir

# Dockerfile等の作成
docker-compose up

これで日本語も文字化けせずにキャプチャ作成ができた。

参考


Related #raspberry pi

ngrokの代わりにCloudflare Tunnelを使う

botやwebhookを利用するサービスの開発が捗る

docker-compose build時に「no Space Left on Device」が発生

1年前にも同じエラーにハマってた

AlexaにPS4を起動してもらう

「Alexa、PS4をつけて(消して)」

crontab -rで全消ししてしまった時の対応

ログから復元できるものは復元してe, rオプションを封印した

next exportで書き出した静的サイトのconsoleに _next/data/xxx/.json 404エラーが出力される

Next.jsバージョンをv10.0.4にアップデートした