Git 2.26.1にアップデートする

公開日時
更新日時

gitに脆弱性が見つかったとのことで、macのgitを最新版にアップデートした。

brew update && brew upgrade git

RaspberryPiのgitもアップデートしようと思ったけどaptだと2.20.1が最新になっている。

修正パッチは2.20.3で適用されているとのことなので、対応策を検討。

sudo apt update
sudo apt install git

git --version
git version 2.20.1

RaspberryPi 2, 3, 4であれば、下記記事を参考にppa:git-core/ppaリポジトリを手動で追加したところアップデートできた。

sudo apt install dirmngr

# recv-keysにはFingerprintを入力
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E1DD270288B4E6030699E45FA1715D88E1DF1F24

# Xenial(16.04)を指定
sudo vi /etc/apt/sources.list.d/git-core.list
deb http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu xenial main
deb-src http://ppa.launchpad.net/git-core/ppa/ubuntu xenial main

パッケージを再更新してgitのインストールを実行すると最新バージョンがインストールされた。

sudo apt update
sudo apt install git

git --version
git version 2.26.1

RaspberryPi ZeroについてはUbuntuに対応していないのでソースからインストールする必要がある。

sudo apt update
sudo apt install make libssl-dev libghc-zlib-dev libcurl4-gnutls-dev libexpat1-dev gettext

wget https://github.com/git/git/archive/v2.26.1.tar.gz -O git.tar.gz
tar -xf git.tar.gz
cd git-2.26.1
sudo make prefix=/usr/local all
sudo make prefix=/usr/local install

git --version
git version 2.26.1

makeに2時間ほどかかったが、gitのアップデートが無事できた。

参考


Related #mac

macOS Monterey

macbookのベゼルのゴムが剥がれ始めた

買い替え時なのかも

メニューバーのAlfredアイコンを非表示にする

Appearanceから設定できる

macOS Montereyでメニューバーの表示内容を変更する

Apple純正アプリであれば表示/非表示の切り替えができる