RaspberryPi4のセットアップ

公開日時
更新日時

スイッチサイエンスでRaspberry Pi 4 Model B / 4GB(Element14製)を購入。

そして、PIMORONIのブラックフライデーセールで買ったPibow Coupé 4Fan SHIMがようやく届いたのでセットアップした。

パーツに関しては下記のブログを参考にさせていただいた。

PIMORONI最高。

ケース組み立て

Building your Pibowに沿って組み立て。

Youtubeに動画も公開されているので簡単に組み立てられる。

ファンの取り付け

Getting Started with Fan SHIMに沿って組み立てと取り付け。

Raspbianインストール

公式サイトから最新のRaspbian Buster Liteをダウンロード。

SDカードはSamsung microSD 64GBを使用。

macのターミナルで以下を実行してSDカードをフォーマット。

diskutil list
# => sdが/dev/disk3にあることを確認
diskutil eraseDisk FAT32 RPI4 /dev/disk3

balenaEtcherを使って[[2019-09-26-raspbian-buster-lite.img]]をSDカードに書き込む。

Raspberry Piのヘッドレスインストールに沿ってwifi情報とssh設定を追加。

初期設定

macのターミナルからsshでRaspberryPi4にアクセス。

パスワード変更とHostnameの変更を実施。

sudo raspi-config

を実行してLocaleとTimezoneの設定。

FanSHIM設定

チュートリアルに沿って専用ソフトをインストール

sudo apt install git python3-pip

git clone https://github.com/pimoroni/fanshim-python
cd fanshim-python
sudo ./install.sh
cd examples
sudo ./install-service.sh --on-threshold 65 --off-threshold 55 --delay 2

これでCPU温度に応じて自動でファンのON/OFFがされるようになった。

デフォルトだとLEDの光が眩しすぎたのでbrightnessを1に設定。

# /etc/systemd/system/pimoroni-fanshim.service
ExecStart=/home/pi/fanshim-python/examples/automatic.py --on-threshold 65 --off-threshold 55 --delay 2 --brightness 1

Mackerel設定

RaspberryPi4はCPU温度が高くなりやすいとのことなので下記記事を参考にMackerelでCPU温度をモニタリングできるようにした。

RaspberryPiの場合はReleasesの[[mackerel-agent_linux_arm.tar.gz]]を使用しないと起動できないので注意。

これでひとまず初期設定はできた。

続く

参考


Related #raspberry pi

ngrokの代わりにCloudflare Tunnelを使う

botやwebhookを利用するサービスの開発が捗る

docker-compose build時に「no Space Left on Device」が発生

1年前にも同じエラーにハマってた

AlexaにPS4を起動してもらう

「Alexa、PS4をつけて(消して)」

crontab -rで全消ししてしまった時の対応

ログから復元できるものは復元してe, rオプションを封印した

next exportで書き出した静的サイトのconsoleに _next/data/xxx/.json 404エラーが出力される

Next.jsバージョンをv10.0.4にアップデートした