Microsoft AuthenticatorからIIJ SmartKeyに乗り換え

公開日時
更新日時

iPhoneでの二段階認証コード管理にはMicrosoft Authenticatorを使っていた。

iCloudにバックアップできるので、もしもの時にはバックアップから復元ができる。

ただ、iPhoneからPixelに移行する際にOSが異なる場合は復元ができないことが判明した。

オペレーティング システムの変更。 バックアップは、iOS の場合は iCloud、Android の場合は Microsoft のクラウド ストレージ プロバイダーに保存されます。 つまり、Android デバイスと iOS デバイスを切り替えるとバックアップは利用できなくなります。 切り替える場合は、Microsoft Authenticator アプリ内で手動でアカウントを作成し直す必要があります。

iOSの場合もMicrosoftのクラウドストレージにバックアップするようにしてくれれば異なるOS間でも復元できそうな気もするが、現状はそうなっていないので諦める。

代わりにPixelでは二段階認証コードをQRでエクスポートできるIIJ SmartKeyを使うことにした。

面倒だったが二段階認証を設定している各サイトで再設定。

iPhoneもSIMなし端末として自宅で使うので、iPhoneのMicrosoft AuthenticatorとPixelのIIJ SmartKeyそれぞれでQRを読み込むことで2台のコードを同期しておいた。


Related #ios

iPhone 13 miniで連続撮影をする

左スワイプは難しい

iPhoneでGoogleスプレッドシートを編集する

アプリを入れるとできる

Apple WatchのSuicaが反応しなくなった

いつの間にかエクスプレスモードが無効化されていた

iPhone 13 miniでカーソル移動

空白キーの長押しでできる