Firebase Hostingのリリース履歴を一括削除する

Firebase Hostingのリリース履歴を一括削除する
公開日時
更新日時

久しぶりにFirebase Hostingの使用状況を確認したところ、ストレージ使用量が300MBまで増えていた。

原因を調べてみるとデプロイの度にリリース履歴が保存されているためだった。

ソースコードはGithubで管理しており、以前のバージョンに戻すこともないので最新のリリース履歴のみ残すようにする。

「ダッシュボード」 => 「︙」 => 「バージョン履歴の設定」 で「1バージョン」を指定して保存。

firebase-hosting-setting

これで古い履歴が削除され使用量が一気に減った。


Related #firebase

YouTubeの「Firebase Release Notes」プレイリスト

最新のアップデートの概要を把握するのにちょうど良い

Nuxt.jsのservice workerで環境変数を切り替えられるようにする

設定情報をハードコードしたくなかったので、ビルド時にnodeコマンドでファイル生成を行い環境変数を切り替えられるように対応した。

CloudFunctionsを使ってFirestoreのサブコレクションを削除する

CloudFunctions内でFirebase CLIのdeleteコマンドを呼び出すことで一括削除ができる

Firebase HostingでCache-Controlヘッダーを設定する

firebase.jsonに追記する