Firebase Emulator Suiteで起動しているFunctionsから本番のFirestoreにアクセスする

公開日時
更新日時

Firebase Local Emulator Suiteを使うとFunctionsやFirestoreのローカル環境を作ることができる。

ふと、「ローカルのFunctionsを使いつつ、Firestoreだけ本番環境に接続するのはできるのだろうか?」と思い試してみたところできた。

使う機会はほぼないと思うが対応方法をメモしておく。

通常は↓でエミュレータを起動するが、

yarn run firebase emulators:start

functionsのみエミュレータを起動するようにする。

yarn run firebase emulators:start --only functions

この状態でローカルのFunctionsを呼び出すと、firebase-admin SDKは本番のFirestoreにアクセスするようになる。

なお、ローカルから本番のFirestoreに書き込もうとした場合、エミュレータのログに「Google API requested!」が記録される。

i  functions: Beginning execution of "someFunction"
⚠  Google API requested!
   - URL: "https://oauth2.googleapis.com/token"
   - Be careful, this may be a production service.
i  functions: Finished "someFunction" in ~1s

参考


Related #firebase

YouTubeの「Firebase Release Notes」プレイリスト

最新のアップデートの概要を把握するのにちょうど良い

Firebase Extensions

Functionsを実装する際の参考になる

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

Nuxt.jsのservice workerで環境変数を切り替えられるようにする

設定情報をハードコードしたくなかったので、ビルド時にnodeコマンドでファイル生成を行い環境変数を切り替えられるように対応した。

CloudFunctionsを使ってFirestoreのサブコレクションを削除する

CloudFunctions内でFirebase CLIのdeleteコマンドを呼び出すことで一括削除ができる