next-with-apolloを使ってGraphQLにアクセスする

公開日時

初めてのGraphQL』を読み返しながら独自のAPIサーバとクライアントを作っている。

APIサーバの方は、本に載ってたのと同じくapollo-server-expressを使って実装した。

クライアントの方はNext.jsで作っていたので本のやり方そのままはできなかったのでnext-with-apolloを使って実装した。

READMEの手順に沿って、[[lib/withApollo.tsx]]を作成。

// lib/withApollo.tsx
import withApollo from "next-with-apollo";
import ApolloClient, { InMemoryCache } from "apollo-boost";
import { ApolloProvider } from "@apollo/react-hooks";

export default withApollo(
  ({ initialState }) => {
    return new ApolloClient({
      uri: process.env.GRAPHQL_URI,
      cache: new InMemoryCache().restore(initialState || {}),
      fetch
    });
  },
  {
    render: ({ Page, props }) => {
      return (
        <ApolloProvider client={props.apollo}>
          <Page {...props} />
        </ApolloProvider>
      );
    }
  }
);

withApolloでpageコンポーネントを呼び出せば、GraphQLのレスポンスを取得できるようになる。

// page/items.tsx
import { useRouter } from "next/router";
import * as React from "react";
import gql from "graphql-tag";
import { useQuery } from "@apollo/react-hooks";
import withApollo from "~/lib/withApollo";

const QUERY = gql`
  {
    allItems {
      id
      name
    }
  }
`;

const ItemsPage: React.FunctionComponent = () => {
  const router = useRouter();

  const { loading, data } = useQuery(QUERY);

  if (loading || !data) {
    return <h1>loading...</h1>;
  }

  console.log("data", data);
  return (
    <div>Items</div>
  );
};

export default withApollo(ItemsPage);

Related #js

Next.jsのPreview Mode時はAnalyticsを無効化する

cookieの__next_preview_dataキーで判定

next.jsにtailwindcssを導入する

VSCodeのTailwind CSS IntelliSense拡張が便利

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

ESLintでimport文を自動で並べ替える

eslint-plugin-simple-import-sortを使う