RaspberryPi ZeroにNode.jsの最新版をインストールする

公開日時

vercel/install-nodeを使ってRaspberryPi ZeroにNode.jsの最新バージョンをインストールしようとしたところエラーになってしまった。

curl -sL install-node.now.sh/lts | sudo bash

現状の最新安定版はversion 12になっているが、version 12からはarmv6lのビルドが提供されなくなったらしい。

非公式ビルドとして↓のリポジトリが存在するとのことなので、インストールスクリプトをダウンロードしてきてBASE_URLで非公式リポジトリのURLを指定することにした。

curl -sL install-node.now.sh/lts -o node.sh
chmod +x node.sh
sudo BASE_URL=https://unofficial-builds.nodejs.org/download/release ./node.sh

これでRaspberryPi Zeroにも最新のNode.jsをインストールできた。

参考


Related #js

Next.jsのPreview Mode時はAnalyticsを無効化する

cookieの__next_preview_dataキーで判定

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

jsでクリップボードにコピーするボタンを実装する

Clipboard.writeText()を使う

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

AWS SESの受信メールを暗号化してs3に保存しLambdaで読み込む

jsの場合、複合処理を独自実装する必要がある