RaspberryPi ZeroにNode.jsの最新版をインストールする

公開日時

vercel/install-nodeを使ってRaspberryPi ZeroにNode.jsの最新バージョンをインストールしようとしたところエラーになってしまった。

curl -sL install-node.now.sh/lts | sudo bash

現状の最新安定版はversion 12になっているが、version 12からはarmv6lのビルドが提供されなくなったらしい。

非公式ビルドとして↓のリポジトリが存在するとのことなので、インストールスクリプトをダウンロードしてきてBASE_URLで非公式リポジトリのURLを指定することにした。

curl -sL install-node.now.sh/lts -o node.sh
chmod +x node.sh
sudo BASE_URL=https://unofficial-builds.nodejs.org/download/release ./node.sh

これでRaspberryPi Zeroにも最新のNode.jsをインストールできた。

参考


Related #js

NestJSでAPI作成

NestJSに入門し始めた

Lambdaでaws cli configureを設定できるようにする

AWS_CONFIG_FILE=/tmp/.aws/configを設定した

Next.js 11

手軽にアップグレードできた

仕事ですぐに使えるTypeScript

奥が深い