TypescriptプロジェクトをHerokuにデプロイする

公開日時

普通にpushすればOK。

デプロイ時に自動でbuildコマンドを検知して実行してくれる。

-----> Installing dependencies
       Installing node modules (yarn.lock)
-----> Build
       Running build (yarn)
       yarn run v1.22.10
       $ tsc -p tsconfig.json && tsc-alias -p tsconfig.json
       === tsc-alias starting ===
       Info: 13 files were affected!
       Done in 7.28s.

最初、[["heroku-postbuild": "yarn run build"]]を実行するようにしていたが、Herokuのログを確認すると↓のようになっておりpostbuildは不要だということに気づいた。

-----> Build
       Detected both "build" and "heroku-postbuild" scripts
       Running heroku-postbuild (yarn)

VercelもHerokuも手軽にデプロイ出来るのはとても良い。

参考


Related #js

Next.jsのPreview Mode時はAnalyticsを無効化する

cookieの__next_preview_dataキーで判定

next.jsにtailwindcssを導入する

VSCodeのTailwind CSS IntelliSense拡張が便利

Alexaに気温と二酸化炭素濃度を教えてもらう

「Alexa、気温」でセンサー情報を教えてくれるようになった

ESLintでimport文を自動で並べ替える

eslint-plugin-simple-import-sortを使う