[Firebase] Hosting ドメインの所有権を再確認してください メールが来た

[Firebase] Hosting ドメインの所有権を再確認してください メールが来た
公開日時

本日の19時過ぎからFirebase Hostingを使っている複数のFirebase Projectで↓の内容のメールが送られてきた。

[Firebase] Hosting ドメインの所有権を再確認してください

プロジェクトの Hosting ドメインの所有権が確認できなくなりました。
xxx の所有権の再確認期日まで残り 30 日 日です。
これを過ぎると、削除されてコンテンツの配信が停止されます。

ただ、Hostingの設定画面を見ても「ドメインを読み込めません」と表示されており何もできない状況。

developer toolを開くとAPIリクエストで429エラーが返って来ていたのでFirebase側の問題の模様。

こちらからは手出しできないので復旧まで放置しておくことにする。


2/25にFirebase Consoleを再確認してみたところ、画面上部に「誤って送信されたものなのでアクションは不要」と表示されていた。

firebase hosting2

カスタムドメインのステータスも「接続されています」になっており、サイトも問題なく表示できている。

firebase hosting3

参考


Related #firebase

YouTubeの「Firebase Release Notes」プレイリスト

最新のアップデートの概要を把握するのにちょうど良い

Firebase Extensions

Functionsを実装する際の参考になる

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

Nuxt.jsのservice workerで環境変数を切り替えられるようにする

設定情報をハードコードしたくなかったので、ビルド時にnodeコマンドでファイル生成を行い環境変数を切り替えられるように対応した。

CloudFunctionsを使ってFirestoreのサブコレクションを削除する

CloudFunctions内でFirebase CLIのdeleteコマンドを呼び出すことで一括削除ができる

Firebase Hostingのリリース履歴を一括削除する

いつの間にか一括削除機能が追加されていた