Firebase FunctionsでPuppeteerを動かす

公開日時

Firebase Functions上でPuppeteerを動かしたかったので対応した。

デフォルトだとメモリ割り当てが256MBになっておりメモリ不足でPuppeteerが起動しないため、512MB以上に設定する必要がある。

import puppeteer from 'puppeteer'
import * as functions from 'firebase-functions'

let browser: puppeteer.Browser | null = null

const runtimeOpts: functions.RuntimeOptions = {
  timeoutSeconds: 60,
  memory: '512MB',
}

const puppeteerTest = functions
  .runWith(runtimeOpts)
  .https.onRequest(async (req, resp) => {
    browser = await puppeteer.launch({
      args: [
        '--no-sandbox',
        '--disable-setuid-sandbox',
        '-–disable-dev-shm-usage',
        '--disable-gpu',
        '--no-first-run',
        '--no-zygote',
        '--single-process',
        '--lang=en',
      ],
      headless: true,
    })

    const page = await browser.newPage()
    await page.goto('http://example.com', {
      waitUntil: 'networkidle2',
    })

    // DOM操作など

    await browser.close()

    resp.send({
      message: 'ok'
    })
  })

export default puppeteerTest

参考


Related #firebase

YouTubeの「Firebase Release Notes」プレイリスト

最新のアップデートの概要を把握するのにちょうど良い

Firebase Extensions

Functionsを実装する際の参考になる

Cloud FunctionsでFirebase Authenticationの認証情報を取得する

functions.https.onCallを使用している場合はcontextパラメータを受け取ることができる

Nuxt.jsのservice workerで環境変数を切り替えられるようにする

設定情報をハードコードしたくなかったので、ビルド時にnodeコマンドでファイル生成を行い環境変数を切り替えられるように対応した。

CloudFunctionsを使ってFirestoreのサブコレクションを削除する

CloudFunctions内でFirebase CLIのdeleteコマンドを呼び出すことで一括削除ができる