Active Jobで指定時間後にジョブを実行する

公開日時
更新日時

Active Jobを利用する際に、5分後にジョブを実行したかったので対応方法を調べた。

setメソッドの引数にwaitを指定すると指定時間後にジョブを実行できる。

HardWorker.set(wait: 5.minutes).perform_later('bob', 5)

最初、Active Jobのadapterとしてsidekiqを使っていることを忘れていて、perform_inを呼び出したらエラーになって焦った。

参考


Related #ruby

VSCode + PrettierでRubyのコードを自動フォーマットする

@prettier/plugin-rubyを利用

VSCodeでRails環境を整える

ショートカット大事

VSCodeでRubyのコード補完と関数ジャンプができるようにする

ruby拡張とsolargraph拡張を入れる

Action Mailerのインターセプタを使ってバウンスメールのチェックを行う

AWS SESを使っている場合はバウンス対応をやっておかないとサービス停止になってしまう

open-uriでhttpリクエストを送信する際のtimeout設定

モンキーパッチを当てた

docker-composeでRails6環境をrails newしたら途中で止まってしまった

--skip-gitオプションを追加する必要があった