VSCodeでGoの開発ができるようにする

公開日時
更新日時

最近フロント開発にVSCodeを使っているので、Goの開発もVSCodeでできるように設定した。

ついでに複数バージョンが使えるようにgoenvを入れることにした。

  • goenvのインストール

goenvのインストール手順に沿って設定

goenv install 1.12.7
goenv global 1.12.7
  • VSCodeの設定

下記記事を参考にGo Extensionをインストール&設定

  • サンプルAPI作成
// server/main.go
package main

import (
    "log"
    "net/http"
    "github.com/gorilla/mux"
)

func hello(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    w.Write([]byte("hello world\n"))
}

func main() {
    r := mux.NewRouter()
    r.HandleFunc("/hello", hello)
    log.Fatal(http.ListenAndServe(":5000", r))
}
  • ライブラリのインストール

Go1.3からGo Modulesというバージョン管理がデフォルトになるらしいので併せて試してみる。

go mod init server
go build

VSCode上でF5を押すとコードが実行される。

これでVSCodeでのGoの開発環境が整った。


Related #vscode

VSCodeのターミナルをエディタ領域に表示する

terminal.integrated.defaultLocationをeditorに変更した

VSCodeでRubyのコード補完と関数ジャンプができるようにする

ruby拡張とsolargraph拡張を入れる

VSCodeで特定のファイルだけeditor.formatOnSaveを無効化する

ファイルタイプを指定することで、そのファイルタイプのみ無効化できた

VSCodeでRails環境を整える

ショートカット大事