WSL2のUbuntuにsshできるようにする

公開日時

先日、Windows10にUbuntuを入れた

今回は別のマシン(mac)からUbuntuにsshできるようにしてみる。

下記の記事を参考にさせていただいた。

22ポートはPowershellへのアクセス手段として残しておきたかったので、22222ポートをUbuntu側に転送するように設定した。

# setup-ubuntu-ssh.bat
wsl -d Ubuntu-20.04 -u root exec service ssh restart

for /F %%i in ('wsl -d Ubuntu-20.04 exec hostname -I') do set ip=%%i
netsh interface portproxy delete v4tov4 listenport=22222
netsh interface portproxy add    v4tov4 listenport=22222 connectaddress=%ip%

タスクスケジューラで上記のスクリプトを起動時に実行するように設定。

タスクスケジューラの使い方は下記記事を参考にさせていただいた。

sshサーバは起動するようになったもののファイアウォールにブロックされていたので、22222ポートを開放。

これで無事にmacからUbuntuにsshできるようになった。


Related #windows

VSCode RemoteでWindowsマシンに接続する際にstderr> 'uname'エラーが発生

言語設定を変更する必要があった

Windows TerminalのデフォルトをUbuntuターミナルに変更する

defaultProfileをUbuntuのguidに変更する

Windows10 Homeでsshdを実行する

windowsマシンにssh接続できる日が来るとは

Alexaにゲーミングマシンと周辺環境を終了してもらう

「Alexa Steamを終了して」ができるようになった

Alexaにゲーミングマシンと周辺環境を起動してもらう

PC起動、TV起動、サウンドバー起動がまとめてできるようになった

Windows10でPowerShellからシャットダウンする

shutdown.exeを使う