Contentful APIでGraphQLを利用する際に自分のSpaceのAPI仕様書を確認する

Contentful APIでGraphQLを利用する際に自分のSpaceのAPI仕様書を確認する
公開日時
更新日時

Contentfulで管理しているコンテンツ(ブログ記事やタグなど)はGraphQL Content APIを使って取得できる。

ContentfulにおけるGraphQL API全般の仕様については上記の公式ドキュメントを参照すればよいが、自分のSpaceに関する具体的なAPI仕様については「GraphiQL」で確認できる。

GraphiQLを使うと実際の実行結果を確認しながらqueryを試せるのでとても便利。

GraphiQLアプリをダウンロードして設定する方法もあるが、contentfulがweb版graphiqlも提供しているので↓にアクセスする方が手軽。

https://graphql.contentful.com/content/v1/spaces/{SPACE}/explore?access_token={CDA_TOKEN}

参考


Related #contentful

Contentfulに予約投稿機能が追加された

独自の予約投稿機能を作る必要がなくなって便利になった

GridsomeとContentfulとCircleCIを組み合わせて予約投稿ができるようにする

CircleCIのSchedule Jobsを使って定期ビルドするようにした

Contentfulの料金プラン改定

嬉しいアップデート

ContentfulのContent modelにvalidationを設定する

slugに正規表現のvalidationを設定した

Contentful GraphQL APIで最終更新日時を取得する

sys.publishedAtで最終更新日時が取得できる

Contentfulで管理しているブログ記事を一括更新する

Content Management APIを使う