Mac用Avira Free Antivirusのアンインストール後にChrome拡張が自動インストールされるのを防ぐ

公開日時

Avira Free Antivirusをインストールしたところ、自動で下記のChrome拡張がインストールされるようになってしまった。

  • Avira Safe Shopping
  • Avira Browser Safety
  • Avira Password Manager

知らないところで勝手にツールがインストールされてしまうのは困ると思いAvira自体をアンインストールしたのだが、アンインストール後もChromeのプロファイルを追加すると上記の拡張がインストールされてしまい困った。

ということで対応策を調べたところ、↓から拡張を削除したら自動インストールされることはなくなった。

cd /Library/Application\ Support/Google/Chrome/External\ Extensions

# Avira Safe Shopping
sudo rm ccbpbkebodcjkknkfkpmfeciinhidaeh.json

# Avira Browser Safety
sudo rm flliilndjeohchalpbbcdekjklbdgfkk.json

# Avira Password Manager
sudo rm caljgklbbfbcjjanaijlacgncafpegll.json

アンチウイルスソフトが怪しい挙動をするのは勘弁してほしい。

参考


Related #mac

macOS Monterey

macbookのベゼルのゴムが剥がれ始めた

買い替え時なのかも

メニューバーのAlfredアイコンを非表示にする

Appearanceから設定できる

macOS Montereyでメニューバーの表示内容を変更する

Apple純正アプリであれば表示/非表示の切り替えができる