GitHub ActionsではGITHUB_TOKENが自動生成される

公開日時

publicリポジトリであれば、有料ユーザでなくてもGitHub Actionsが使えるので試してみた。

Actionsでリポジトリの操作をするにはPersonalAccessTokenを発行して環境変数に設定する必要があるのかと思っていたけど不要だった。

[[GITHUB_TOKEN]]という名前で自動生成される認証トークンが使える。

詳細な権限等はドキュメントにまとまっている。


Related #tool

iPhoneでGoogleスプレッドシートを編集する

アプリを入れるとできる

Googleスプレッドシート上で為替情報を取得する

クラウドサービスのサーバ費用計算に役立つ

Hatchfulで作成したロゴのダウンロードメールが届かない

Hatchfulのメルマガ設定を有効にする必要があった

VSCodeでRails環境を整える

ショートカット大事