Googleスプレッドシートのグラフで期間選択ができるようにする

公開日時
更新日時

Googleスプレッドシートで時系列のデータをグラフ化する際に「折れ線グラフ」を使っていたが、時間が経過してデータが増えてくるとグラフが非常に見づらくなってしまう。

「最近の1ヶ月分の状況を確認したい」と思ってもグラフは全期間で表示されてしまう。

グラフの設定で定期的にX軸の範囲を更新していけば見やすい状態を保つことはできるが、手動で対応し続ける必要があり面倒くさい。

もっと良い方法があるはずと思って調べたところ「タイムライングラフ」というまさにこれというグラフが用意されていた。

グラフの設定でグラフの種類を「タイムライングラフ」に変えるだけで期間の範囲選択ができるようになり、時間が経過しても見やすいグラフを表示できるようになった。


Related #tool

iPhoneでGoogleスプレッドシートを編集する

アプリを入れるとできる

Googleスプレッドシート上で為替情報を取得する

クラウドサービスのサーバ費用計算に役立つ

Hatchfulで作成したロゴのダウンロードメールが届かない

Hatchfulのメルマガ設定を有効にする必要があった

VSCodeでRails環境を整える

ショートカット大事