Googleスプレッドシートで時間別の平均値を取得する

公開日時
更新日時

時系列データをGoogleスプレッドシートに記録する際に、時間ごとの平均値を知りたかったので対応を行った。

まずは、前回の記事のようにTIME関数を使って時間のみを抽出した列(C列)を用意する。

# C列
=IF(ISBLANK(A2),,TIME(HOUR(A2),MINUTE(A2),0))
ABC
datetimevaluetime
09/21 9:00109:00
09/21 10:001210:00
...
09/22 9:00119:00
09/22 10:00810:00
...

次に、同じシートの別列もしくは別のシートに0時から23時までの時間を記述する。

今回は同じシートのE列に記録したとする。

EF
timeaverage
0:00=AVERAGEIF(C:C,E2,B:B)
01:00=AVERAGEIF(C:C,E3,B:B)
...
23:00=AVERAGEIF(C:C,E25,B:B)

そして、F列でAVERAGEIF関数を使ってC列の中からE列のセルに該当するBの値の平均値を取得する。

=AVERAGEIF(C:C,E2,B:B)

最後にE列とF列からグラフを作成すれば時間別の平均値を視覚的に把握できるようになる。


Related #tool

Build your own octocat

ExtraVolumeConfigでBluetooth音量を調整する

寝る前に最適な音量で音楽が聴けるようになった

GoogleFormからDayOneに記録する

IFTTTと組み合わせて記録できるようにした