RaspberryPiでSwitchbotを動かす

公開日時

Amazonの年始セールでSwitchBotを買った。

RaspberryPiから操作する予定だったのでHubは買わずにSwitchbot本体のみ購入。

公式でpythonライブラリが用意されているのでこちらを利用。

OpenWonderLabs/python-host

python3の場合、masterのREADMEだと必要ライブラリが足りていないので下記のPullRequestに沿ってインストール。

README: Updated the installation instructions by tony-wallace · Pull Request #11

コードの方もmasterだとpressのみしか対応していないので、下記PullRequestを参考にon/offもできるように対応。

Add command argument to switchbot_py3.py by rcmdnk · Pull Request #8

これでpython3でSwitchbotを操作できるようになった。

sudo python3 switchbot_py3.py --device DEVICE_ID press

最初、家の玄関を開けるのに使おうと思っていたけどpythonコードの場合はパスワード認証に対応していないらしく、家の側でSwitchbotアプリを開けば誰でも鍵を開けれてしまう危険性があったので別の用途で使うことにした。

参考


Related #iot

Alexa非対応テレビをAlexa対応にする

基本的な操作は音声のみで完結できるようになって快適

Philips Hue V1ブリッジでAlexa連携する

アカウント再連携して電源入れ直して何度か試してようやく連携

FireTVのスリープ時間を1分に変更する

開発者モードを有効にしてabdコマンドで設定する必要があった

1.3inch LCD HATにMackerelのグラフを表示する

CO2濃度をモニタリングできるようにした